顧客の本質を知るには統合顧客管理が必要!

顧客データの共有化の意義

統合顧客管理によって、分散されている顧客情報を迅速に見つけ出すことが可能になります。日本のように多くの縦割りの部門を持つ企業では、同じ顧客のデータを個別に管理する傾向に有り、情報の共有化が進まないのが実情です。そして、顧客情報からのデータ抽出に関しても、不完全なものになりがちで、ある意味、時間と労力を無駄にしているわけです。それに対して、名寄せを含めた、顧客情報の統合を行い、情報の共有化が進めば、マーケティングの信頼性が高まり、有用なデータの抽出も容易になるわけです。

顧客の本質の見きわめ

統合顧客管理が実施されていない企業では、顧客情報は部門ごとに分断されることになり、顧客の購買行動がポイントでしか分からないままになります。それ故、様々なフロント対策が行われたとしても、部分的対策にとどまるため、持続的効果を発揮できないと言えます。そもそも、顧客の本質が見えていないので、顧客が求める価値の創造にならないわけです。CF(顧客満足度)が得られなければ、長く引き留めることは難しいと言えます。

ビジネスチャンスの拡大!

統合顧客管理を実施することで、分断されている顧客データが統合され、幅広い視点から詳細な分析が可能になります。顧客の特性や動向をはじめ、隠れた趣向まで読み解くことが可能になり、ビジネスチャンスを広げる機会が得られます。さらに、統合データを基に、新たな購買層の発掘にも役立てることが出来るので、競争相手に先んじてマーケットを拡大できるわけです。加えて、マーケットデータをフィードバックすることで、統合顧客管理システムの拡張にもなります。

統合顧客管理とは、名刺情報やアンケート情報などの個別情報などから得られる様々な顧客の情報を一つのシステムに集約し一元管理するものです。

by