太陽光発電のメリット

太陽光発電のシステムについて

太陽光発電は太陽の光エネルギーを通常の電力と同じ交流電流に変えて、色々な家電に使用できるようにするシステムです。発電量が余った場合は電力会社に買い取ってもらえます。太陽の光を利用する為に枯渇することがなく、二酸化炭素の排出量を削減できる地球環境にやさしい自然エネルギーです。太陽光発電は構造がシンプルなことからメンテナンスが比較的簡単で耐用年数も長く、日照量が確保できれば設置場所を選ばなくても問題ありません。

日照時間に比例して発電

太陽光発電の主な物は太陽電池と呼ばれる半導体シリコンで、太陽光が半導体に当たると日照量に比例して発電を始めます。電気を溜める機能はシステム自体にはなく天候がよくなければ発電は少なく、夜では発電しません。天候さえ良ければ燃料代がかからないので設置さえしていれば安価に電気を使えます。また、システムが稼働していれば日照量さえあれば停電や災害時にも電気製品を使うことが出来ます。環境に優しく、節電効果も期待できます。

メリットとデメリットについて

太陽光発電は設置費用がかかりますが、補助金や売電などで近年では費用が安くなる傾向にあります。デメリットも存在します。天候に左右されることから電力量が一定でなく不安定な季節もあります。また、引っ越しをしなければならない場合も不便と言えます。太陽光発電は大きく見ればメリットの方が大きいと感じます。蓄電池も技術が良くなり更に便利に使えてくると思います。節電は日本にとっての問題となっているので太陽光は将来にとっても期待できます。

太陽光発電の価格は、5kWの設備で約300万です。このうち50万はパワコンです。パネル代は、1kWあたり50万となります。売電では回収困難なので、最近は2kW(約150万)程度の設置が流行っています。

by