自営業をするにあたって

雇われと自営業の違い

自営業をすることと雇われて使われることは全てが違います。

雇われている場合与えられている仕事をこなしていればその代価として給料が出ますが自営業の場合は違います。

待っていても仕事は来ませんし売り込みから仕事の受注、貰った仕事も自分でこなさなければならないのです。

雇われている人と仕事のやり方自体が違うので全て自分でこなすという自覚がなければできないのです。

雇われている時の感覚ではとても成り立つものでは無いことを考えて働く必要があります。

自営業として何が肝心か

自営業で最も肝心になってくることは人を使うということです。

人の上に立つということは使う人間のことを理解しなければならないのです。

その上で信頼関係を築き、しかしそれと同時に上下関係もあやふやにしないことが大切です。

指令系統がバラバラだと会社として成り立たなくなるからです。

従業員の事をまとめつつその上で重圧を与えすぎないことが人を使うやり方として正しいものになります。

使われる人の考えを考えていくことこそ上司として正しい姿です。

自営業で切り盛りするやり方は

自営業で経営していくやり方として大切なことはしっかりとしたパイプを築くことと丁寧な仕事をすることです。

お得意様を作ることにより定期的な収入を得ることになるのです。

そしてどの業界でもしっかりとした仕事をする会社というのは評判が上がり適当な仕事をすると評判は下がります。

当たり前のことですが以外と丁寧な仕事をするということは難しいのです。

そして丁寧な仕事をすることによって新しい仕事が入ってくるなどパイプを広げていくことが出来るのです。

お好み焼き・鉄板焼きのフランチャイズをお探しなら、家族団欒をモットーとする「いっきゅうさん」です。オープン前の研修とオープン後のサポート体制が充実しています。

by